女子大生の映画評論リアルタイム版

将来の夢の欄に「映画評論家」と書いてしまう夢見るいい年した大人のタマエが映画についてアレコレ。本家はブログです。
将来の夢の欄に「映画評論家」と書いてしまう
夢見るいい年した大人のタマエが映画についてアレコレ。
本家はブログです。

アーティスト

ようやく見にいけた!とても綺麗にまとめていたと思いました、映像内容含めて。こんなに綺麗な作品だとは思わなかったw
シナリオも王道ながら、二人のすれ違いが映画に関しての価値観故ってのが、にくい設定ですね。
そして何よりサントラが素晴らしかったね、CD買いました。

name
email
url
comment

2012.08.22 00:53 >kazkazさん
お返事相変わらず遅くてすいません。そうですね〜、サイレントだからこそっていうのが
いい意味でも悪い意味でもあるというのはわかる気がします。
私はもうちょっとサイレントならではのダークな部分があるのかなと勝手に思っていたのですが
予想以上に綺麗でさわやかなサイレント映画になっていて驚きました。
kazkazさんはサイレントと知らずにご覧になったのですね、さぞかし最初は驚かれたことでしょう。
でも作品に関して何も知らない状態からスタートするっていうのは、この作品は特に面白そうでいいなと思います。羨ましい〜!

2012.05.14 17:47
kazkaz
最後のタップダンスのシーンなっか古いように見えるけれど素敵でそれだけでも見る価値があります。

2012.05.14 17:41
kazkaz
言葉が否定するような表現が多くて誤解されると困るので補足。映画がサイレントであることは見始めて知りました。映画がサイレントで展開されると知ったとき、入り込めるだろうかと心配したのですが、とても心地良く観ることが出来ました。

2012.05.14 17:26
kazkaz
映画そのものがサイレントだから成立するストーリィだと思いました。ストーリーの展開にも古さというかご都合主義も感じられましたが、それもサイレントだから受け入れてしまいます。
そして動作もサイレントならではの誇張されたものでしたね。昔の人はこんな映画を観ていたのかなぁと思いながら観てました。